数字とチョロ・シメオネ

Noticias > 数字とチョロ・シメオネ

スペインサッカー界には数え切れないほどのサクセスストーリーがあるが、ディエゴ・パブロ・シメオネがアトレティコ・デ・マドリードで綴ったサクセスストーリーほど印象的なものはない。 親しみを込めて「エル・チョロ」と呼ばれるアルゼンチン人監督は、クラブに忘れがたい足跡を残し、それまで想像もできなかったような高みへとクラブを導き、後世まで語り継がれる黄金時代を築いた。

シメオネがアトレティコ・デ・マドリードにやってきたのは2011年。 赤と白のクラブは再浮上し、スペインサッカー界の巨人たちと対等に戦おうとしていた。 アルゼンチン人とクラブとのつながりは瞬時に生まれ、彼の決意と情熱は瞬く間にチームを変える原動力となった。

先日、アトレティコ・デ・マドリードとの契約を2027年まで延長したディエゴ・シメオネは、これでクラブ120年の歴史の中で最も長く監督を務めた12年となった。 こうして彼は、前シーズンに残したルイス・アラゴネスを追い越した。

シメオネがアトレティコ・デ・マドリードにやってきたのは2011年。 赤と白のクラブは再浮上し、スペインサッカー界の巨人たちと対等に戦おうとしていた。 アルゼンチン人とクラブとのつながりは瞬時に生まれ、彼の決意と情熱は瞬く間にチームを変える原動力となった。

就任初年度、シメオネはアトレティコ・デ・マドリードをヨーロッパリーグ優勝に導いた。 戦術的規律、守備の激しさ、勝利へのメンタリティは、彼のリーダーシップの下でチームの特徴となった。 このタイトルの獲得は、アトレティコにとって新時代の幕開けとなり、強豪に挑む準備が整ったことを明確にした。

しかし、シメオネと彼の選手たちがアトレティコ・デ・マドリードの歴史に最も輝かしい一章を記したのは2013-2014シーズンだった。 予想に反して、コルチョネロ・チームはレアル・マドリードとバルセロナの覇権を破り、リーガ・エスパニョーラのチャンピオンに輝いた。 シメオネの情熱的なリーダーシップは、硬派なプレースタイルと全試合における選手たちの全力プレーに反映されていた。

リーガ・エスパニョーラでの成功に加え、シメオネはアトレティコ・デ・マドリードを3年間で2度のチャンピオンズリーグ決勝(2013-2014と2015-2016)に導いた。 いずれもトロフィーを手にすることはできなかったが、このレベルで戦えるということは、アトレティコがヨーロッパ最高のクラブのひとつへと進化し、確固たる地位を築いたことを証明している。

2011年12月23日の就任以来、アルゼンチン人監督は通算462試合を戦い、379試合で勝利を収め、148試合で引き分け、115試合で敗れた。 この間、彼のチームは876ゴール、507失点を喫している。

2つのリーガ・エスパニョーラ優勝(2013-14シーズン、2020-21シーズン)、1つのコパ・デル・レイ(2012-13シーズン)、2つのヨーロッパリーグ(2011-12シーズン、2017-18シーズン)、2つのコンチネンタル・スーパーカップ(2012年、2018年)、1つのスペイン・スーパーカップ(2014年)である。

この素晴らしい記録にもかかわらず、UEFAチャンピオンズリーグは今のところ最後の到達不可能なフロンティアであり続けている。 シメオネは2014年と2016年の2度決勝に進出したが、いずれもレアル・マドリードに敗れており、この傑出したアルゼンチン人監督がいまだに達成できていない唯一の偉業となっている。

ディエゴ・シメオネがアトレティコ・デ・マドリードで残した遺産はタイトルだけにとどまらない。 彼はクラブに闘争心、犠牲心、情熱の文化を植え付け、コルチョネロスのファンだけでなく、広くサッカー界からも尊敬を集めている。 彼の戦術的アプローチ、献身性、リーダーシップによって、アトレティコはすべてのコンペティションで常に優勝争いに加わっている。

ディエゴ・シメオネはアトレティコ・デ・マドリードの監督であるだけでなく、クラブの歴史において最も輝かしい時代を築いた人物である。 彼らの影響はトロフィーだけにとどまらず、チームのアイデンティティとメンタリティに忘れがたい足跡を残した。 アトレティコでの旅を続けながら、チョロの遺産は後世の世代にインスピレーションを与え続け、時には情熱と決意がサッカーの歴史を変えることがあることを思い出させてくれるだろう。