マリオ・アルケスの個人的な一面

Noticias > マリオ・アルケスの個人的な一面

FutbolJobsはスペイン人サッカー選手、マリオ・アルケスにインタビューする機会を得た。

マリオ・アルケスはアリカンテで生まれ、ビジャレアルCFのユースでミッドフィルダーとして育った。 2011年夏にはオリウエラへレンタル移籍し、2011年8月21日のメスタージャ戦で19歳にしてセグンダ・ディビシオンBデビューを果たした。 アリカンテで30試合に出場した後、2012年9月8日、バレンシアCFのリザーブチームの補強のためにバレンシアCFと契約し、9月9日のホスピタレット戦でデビューを飾った。 マリオは、セグンダBのメスタージャで2シーズン、リーグ戦57試合に出場した。 2013年3月21日、カステリョン90周年を記念してカスタリアで行われた親善試合で、トップチームデビューを果たした。 翌シーズンは、プレシーズンのカールスルーエ戦と親善試合のブルジャソ戦に出場した。

2014年7月、さらなる出場機会を求めてエルチェCFと2シーズン契約を結んだ。 当初はリザーブチームのエルチェ・イリチターノでプレーし、セグンダBで合計35試合に出場、7ゴールを挙げた。 2015年4月25日、ビセンテ・カルデロンでのアトレティコ・デ・マドリード戦で、フラン・エスクリバ監督の下、1部リーグでのトップチームデビューの機会を得た。 その年の終わりには、エルチェからスポルティング・デ・ヒホンBに移籍し、セグンダBで34試合に出場した。翌シーズンは、アルコヤノでプレーし、リーグ戦で17試合に出場した。 放出された2017年夏にはウクライナに移住し、ウクライナ・プレミアリーグのカルパティ・リヴィウに加入した。

以下のインタビューのおかげで、マリオの個人的な一面を知ることができた。

  • 現在の体調はいかがですか? 精神的には?

-とてもいい気分だ。自分の努力をコントロールし、身体的な欠点を改善することを学んだ。 この経験は、自分の体をよりよく理解し、何よりも自分の心をコントロールすることで、フィールドの内外で自分の決断力を向上させるのに役立った。

  • 今日の目標は?

-今の目標は1年前とはまったく違う。 長年離れていたが、家族や友人の近くに戻ることを考えている。 そして今、この旅を通して私を支えてくれた人々の信頼に報いる時が来た。

  • マレーシアのサッカーについて教えてください。 スペインのサッカーとの主な違いは?

非常に縦長の、一進一退のフットボールだ。 試合はとてもオープンで、ほとんどのチームがボールをプレーしたがる。 60分以降、リーグ戦の、そして何よりも地元選手たちの戦術的欠陥が制御不能になり始めた。 しかし、全体的には非常に競争の激しいリーグだ。

スペインに関しては、特に戦術レベルで多くの違いがあると言える。 しかし、技術的にもスピードの面でも、とても驚いた。 少し秩序に欠けるが、同時に試合をよりオープンにする。

  • ニューカッスルで過ごしたオーストラリアでの日々を3つの言葉で表現すると?

-エリートであり、学びがあり、忘れがたい。

  • 選手としての自分を形容詞で表すとしたら?

-均衡。

  • サッカーを始めたのはいつですか?

-5歳から始めて、17歳で最初のプロ契約を結んだ。

  • ドリームクラブ?

-レアル・マドリード

  • これまでのキャリアの中で、フィールド上で最も心を通わせたチームメイトは誰ですか?

フェデ・カルタビア

  • グラウンドに立つ前に何か趣味はありますか?

-右足で入る。

  • インドでの経験はどのようなものでしたか? また来てくれる?

-人生で最高の経験だった。 この決断は、私がフットボールで下した最高の決断のひとつであり、その後のすべての冒険への扉を開いてくれた。 私は彼らの文化、人々、そしてフットボールの生き方に惚れ込んでいる。 必ずまた戻ってくるし、遅かれ早かれ別の役で戻ってくると確信している。

  • サッカーに携わっていなかったら何をしたかったですか?

-サッカー選手になるのが夢だったんだ。 もしサッカーをやっていなかったら、おそらく他のトップレベルのスポーツに挑戦していただろう。

  • これまでプレーした国の中で、サッカーの面で最も驚いた国はどこですか?

-インドとオーストラリア

  • スペインを離れてから適応するのは難しかったですか?

-いいえ。 私は自分自身を、状況に素早く適応する人間だと考えているし、あらゆる経験からポジティブな部分を絞り出そうとしている。

  • いつまでプレーを続けるつもりですか?

-まあ、ありがたいことだと思い始めているよ。 私は家族のために時間を使いたいし、サッカーに関連した別のプロジェクトも始めている。

トレーニングを積み、それを続けることで、私は安心して決断することができる。

  • これまでの進歩に満足していますか?

-とても満足し、誇りに思っている。 人生には、自分がこだわっていた扉が閉ざされ、想像もしなかった扉が開かれることがある。 15歳で家を出て以来、夢を追い求めるためにすべてを捧げてきたのだから。

  • 子供の頃のアイドル?

-ジダンとブスケッツ

  • あなたのキャリアで最も幸せな瞬間は?

-ビセンテ・カルデロンでのエルチェでの1部デビュー。

  • 国外で他の経験をしたいと思っているサッカー選手にアドバイスをするとしたら?

-他の経験を恐れるな。 フットボールと外に出る決断のおかげで、私は世界中に友人を作り、異文化に出会い、6万人のスタジアムを満員にするプレーをした。 チャンスはたくさんあるし、グローバルにつながった世界に住んでいるのは幸運なことだ。

  • 最後に、FutbolJobsが長年にわたって行ってきた仕事についてどう思いますか?

-彼らは信じられないような仕事をしている。 私は個人的に、あなたが私に与えてくれたすべての助けと、故郷を遠く離れ、海外でチャンスを探し続けたいと思っている選手、コーチ、サッカー関係者に提供する情報に感謝したいと思います。 彼らは非常に幅広いコンタクトネットワークを持っており、移籍市場に関して私個人を大いに助けてくれた。 彼らのプロフェッショナリズムと個人的な配慮は間違いなくお勧めできる。

FutbolJobsから、スペイン人をよりよく知る機会を与えてくれたマリオ・アルケスに感謝したい。