ブラヒムとモロッコのジャージーを着る決断

Noticias > ブラヒムとモロッコのジャージーを着る決断

ブラヒム・ディアスはモロッコ代表。 選手は意識的にこの選択をした。 この決断は、彼がスペイン代表では経験したことのない、アフリカのチームからの愛情に基づいている。 これが、日曜日に彼がすでに決断を下していたことを確認する決定的な要因となった。

レアル・マドリードに所属するこの選手は、今月行われるアンゴラ(3月22日)とモーリタニア(3月26日)とのホーム親善試合に臨むワリド・レグラギ監督の次のメンバーとして、ロス・レオネス・デル・アトラスから招集される可能性がある。 この白人ウインガーは母親と同じくマラガで、父親はメリリャで生まれたが、祖母はモロッコ出身である。 サッカーの新しい才能を引き入れようとしているマグレブ諸国は、ブラヒム・ディアスの獲得に成功した。

レアル・マドリードがセルタに4-0の大勝を収め、スプリントフィニッシュで決着をつけたが、本紙が予期していたニュースはすぐに影を潜めた。 国有化手続きが完了したことですべてが加速し、北アフリカの選択肢が決定的に広がった。 その時点では、まだ完全に決定されたわけではなかった。 ロス・レオネス・デル・アトラスへの移籍という選択肢は強く響いたが、RFEFは次のブレークへの招集を念頭に置いていたにもかかわらず、マドリディスタに対しては動かない姿勢を貫いた。 このジェスチャーや愛情表現の欠如が、ついにバランスを崩した。

月曜日、監督自身が次のように語った。代表チームでプレーできること、本人がそれを望むこと、そして監督が彼を招集することだ。しかし、最も重要なことは、要求も条件もなく、他の選手と同等の権利と義務をもって、そうしたいと思うことだ」。

モロッコはブラヒムを説得するためのプロジェクトを提示した。 アフリカ勢は選手に対し、彼らが考えているプランを詳細に説明し、彼をスターに育て上げると確約した。 モロッコ連盟の関係者はOKDIARIOの取材に対し、「彼はアチャフに匹敵し、参考になるだろう」と語った。 レアル・マドリードの選手は、スペイン、モロッコ、ポルトガルで開催される2030年ワールドカップで強豪国となることを目指すモロッコ側からの強力なバックアップがあることを自覚している。 その場合、マドリディスタは29歳になる。

ブラヒム・ディアスは、スペイン王立サッカー連盟が示す乏しい関心や愛情よりも、アフリカのプロジェクトと、レグラギ監督の計画の中で彼が占めるであろう重要性の方に魅力を感じている。 フェラン・トーレス、イェレミ・ピノ、ニコ・ウィリアムズ、ラミン・ヤマル、ブライアン・サラゴサ、アベル・ルイス、ダニ・オルモ、ロドリゴ・リケルメ、パブロ・サラビア、アンス・ファティといった選手たちが、スペイン代表の最終リストで彼より先に招集されていた。

官僚的なハードルがなければ、ブラヒムは木曜日に発表されるアンゴラ戦とモーリタニア戦のモロッコ代表メンバーに入るだろう。 長年着ると思っていた赤いジャージとは違うものを着ることになる。