サッカー史上最高の守備的MF10人

Noticias > サッカー史上最高の守備的MF10人

ディフェンシブ・ミッドフィルダーは、ディフェンシブ・ピボット、あるいは単にミッドフィルダーとも呼ばれ、サッカーのゲームにおいて極めて重要な存在である。 彼のインターセプト、ディストリビューション、ディフェンスを守る能力は、このゲームの歴史において基本的なものである。 何十年もの間、何人もの選手がこのポジションで活躍し、サッカー界に忘れがたい遺産を残してきた。 ディフェンシブMFの歴代トップ10を紹介しよう。

一方のクロード・マケレレ。 現代の守備的MFの典型と言われるマケレレは、ボール奪取とインターセプトの達人だった。 中盤での彼の存在は、レアル・マドリードとチェルシーの成功の基盤であり、彼はそこで忘れがたい足跡を残した。

プレーの優雅さと比類なき視野を持つブスケッツは、現代の中盤の指標である。 ゲームを読み、相手の攻撃を寸断するその能力は、FCバルセロナとスペイン代表の主軸となった。

さらに、彼の国際的なチームメイトの一人であるシャビ・アロンソも、卓越した視野と比類なきパスの正確さで、このリストに加わっている。 アロンソは中盤の名手であり、試合のテンポを指示し、ディフェンスラインを破る能力は、彼をエリート守備的MFにしている。

一方、疲れ知らずのエネルギーとピッチの隅々までカバーする能力を持つ ンゴロ・カンテ。 この選手は近年、自分のプレーを新たな高みへと導いている。 レスター・シティとチェルシーでのタイトル獲得における彼の影響力は否定できない。

1990年代から2000年代初頭にかけて中盤を支配していた。 アーセナルとフランス代表でのリーダーシップは、史上最高の守備的MFの一人である。

1998年ワールドカップで歴史的な優勝を果たしたフランス代表のキャプテン、ディディエ・デシャンは、フランスの中盤の中心だった。 彼のリーダーシップと試合のテンポをコントロールする能力は、同世代で最高の守備的MFの一人である。

1990年代の伝説的なブラジルのキャプテンを務めたドゥンガは、中盤の堅固さを象徴していた。 相手のプレーを崩し、ボールを配給する彼の能力は、ブラジルの中盤を象徴する。

イタリア人のジェンナーロ・ガットゥーゾと クラウディオ・ジェンティーレ。 ピッチ上でのアグレッシブさと献身的なプレーで知られるガットゥーゾは、ACミランとイタリア代表の中盤の大黒柱だった。 クラウディオ・ジェンティーレは、プレーの優雅さとプレーを予測する能力で、世界のサッカー界に忘れがたい足跡を残した。 レアル・マドリードでのプレーは、彼を史上最高の守備的MFの一人に押し上げた。

最後はアルゼンチン人のフェルナンド・レドンド。 試合中の優雅さとプレーを予測する能力で、レドンドは世界のサッカー界に忘れがたい足跡を残した。 レアル・マドリードでのプレーは、彼を史上最高の守備的MFの一人に押し上げた。

これらは、史上最高の守備的MFとしてサッカー史に忘れがたい足跡を残した選手の名前にすぎない。 ゲームへの影響力とディフェンスを守る能力は、後世まで語り継がれる伝説的な人物である。